サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

D'ERLANGER 6/18 NAGOYA CLUB QUATTRO「J'aime La Vie TOUR 2017」

D'ERLANGERの2daysツアー後半戦、名古屋2日目に行ってきました。(まだ前半な大阪にも行ったのですが書き損ねましたね……)
名古屋はいつも盛り上がると聞くので「ぜひ一度行ってみたい!」と前から思っていて、今回日程が合い、ようやく参加できました。

そんな名古屋ではまさかのとても有難い場所で拝ませていただいたのですが、それでも会場全体が盛り上がっていることを感じられるほどのアツいライブでした。
自分もその盛り上がりに一役買えていたとしたら嬉しいなと思いつつ、幸せすぎて飛びかけの記憶をたどっています。

このツアーは、1日目にはこれまでの名曲を中心にD'ERLANGERの現役っぷりを見せつける:2日目には新譜「J'aime La Vie」の楽曲をメインに色気たっぷりに展開するという構成です。
6/18は7回目の2日目ということで、ライブ仕様が仕上がってきた「J'aime La Vie」を楽しむことができました。
序盤はアルバム同様のオープニングながら、いきなりの爆発力がテンションを上げてくれます。大歓声に笑顔で歌って応えてくれるkyoさん、途中のMCでも「そのみんなの声をずっと聞いていたくなるね」と喜んでいました。
「J'aime La Vie」楽曲に挟まれる曲のチョイスも、アルバムの世界観を拡げるような曲たちが配置され、より深くD'ERLANGERの世界に浸れる構成です。
『MY BLOODY~』では頭を左右に振ったり、『Dance with me』ではニヤリと顎を上げて微笑んだりするところは相変わらずキマってましたが、「J'aime La Vie」の曲でも軽く手を挙げてフロアを煽ったり、ステップしたりワイドパンツの裾を上げたりと、kyoさんらしい仕草がどんどん見られるようになってきたと思います。
個人的には、『Everlasting Rose』から『沈む』の流れがとても好きで、そして2曲とも予想以上にライブ映えする曲であることに驚いています。生で聴いたらかっこいいだろうと思ってはいたものの、実際に目にすると全員が放つ色気と緊張感、かたまって迫ってくるような激情の現れかたに痺れます。
『Everlasting~』は後半にかけての盛り上がりが肝だと思いますが、あの高揚感を色気たっぷりに表現できるバンドは他にないと思わされました。
そしてアルバムと同じく本編ラストに『沈む』。ライブではドラムとシャウトの掛け合いが際立って、よりパンキッシュに感じました。それでも失われない切なさとヒリヒリした緊張感。ライブでより魅力的になる曲であり、D'ERLANGERのカッコ良さを存分に引き出す曲です。
圧倒されて終わった本編から変わって、アンコールではまず飛んで跳ねて合唱する『CRAZY4YOU』。kyoさんの表情も、本編よりリラックスして楽しさが全面に出ているようでした。そのまま、すっかりファンにも定着してきた『バライロノセカイ』で「ダーーリン!」と叫び、これがラスト、と思いきや期待に応えて(?)おかわりの曲がありました。名古屋2日目は『EVERYTHING IS NOTHING』です。この日のノリを受けての選曲なのでしょうか、声を出して暴れて終わることができ、腕やら頭やらを振って楽しんだ自分としては、とても嬉しい選曲でした。
このおかわり曲に入る前、kyoさんもやる気満々でスタンバイしていたように見えて、また歌い出しでファンの反応を見て嬉しそうに笑っていた表情が、なんだか強く印象に残っています。その日を象徴する笑顔だったのかもしれません。
振り返って思い出しても、楽しかった・かっこよかった・幸せ、が溢れ出してきます(笑)。
最新が最高なD'ERLANGER、残りの公演もどうなっていくのか楽しみです!

摩天楼オペラ 6/15 OSAKA MUSE「PANTHEON TOUR -the first movement-」

摩天楼オペラにとってはおなじみ(らしい)OSAKA MUSE
平日にも関わらず、ソールドアウトがかなり近かったのではないかというくらいの人の入りでした。
とは言え、正方形でステージもやや高く見やすいのがMUSEの良いところです。シモテ側後方から見ましたが、メンバーそれぞれの顔も良く見えました。
この日は全員リラックスしてテンションも高く楽しんでいたようす。苑さんは、燿さんの肩を持ったり、JaYさんにマイクを向けたりいつも以上にテンション高く暴れていて、なんだか微笑ましいくらいでした。
前半にはBURNING SOUL→RUSH!→Psychic Paradiseという定番曲でたたみかけ、ICARUSでJaYさんの進化した鋼鉄メロディアスなギターソロと、ボーカル・キーボードの美メロパートを披露して、楽器隊セッションへ。セッションでJaYさんがセンターで堂々と弾く姿は印象的でした。ベースメインのパートでは燿さんがセンターに移動、そこから2人並んで弾く光景も、すっかり馴染んできたように思います。
後半にはSHINE ONでの合唱や、「このツアーではJaYさんの頭がパンパンになるくらい色んな曲をやってます」という紹介からマグノリアCocoonも演奏されました。改めて2曲とも心に残るメロディーと歌詞を持った力強い曲だなと感じました。Cocoonでも最後のサビでは大合唱となり、苑さんもマイクを離して一緒に噛みしめるように歌っていて、こちらも幸せな気持ちでした。
「スタッフさんに衣装暑くないですかって心配されて、プロ意識で頑張りますって言ったけど2曲目には脱ぎたい(笑)」と言う苑さん、後半はほぼタンクトップでしたが(笑)、本編ラストのPHOENIXでも、全力の歌声で本当にかっこよかったです。
アンコールでは、彩雨さんによる今年はまだまだ未発表分も含めてたくさん大阪にきますからね、という話から、大阪と言えばたこ焼き、「たこ焼き食べたっていろんなバンドが話すと思うけど食べたら言いたくなるんだよ(苑さん)」やら、デイジーの夕霧さんがたこ焼き煽りをしてたやらJaYさんは某たこ焼き店でバイトしてたやら……燿さんのギックリ腰疑惑などもあり、相変わらず自由な時間に、さらにツッコミ代わりにドラムを鳴らす悠さんのタイミングも絶妙で、いいチームだとしみじみ思ってしまいます(笑)
ゆるゆるMCの後はアンコール1曲目にYOU&I。フロアのジャンプを煽る苑さんも跳ねながら歌い、本編途中のMCで「暴れてもじっくり聴いても自由に楽しんで欲しいけど、ただ、オレは煽る!!(笑)」と宣言されたとおりの煽りっぷり、残りの時間を惜しむような盛り上がりで気持ち良かったです。ANOMIEでもうひと暴れしてから、この日のラストは喝采と激情のグロリア。ペンライトと合唱が何度体感しても感動的ですが、最後の苑さんのアカペラが、この日は特に素晴らしかったです。いつもと少し違うアレンジを効かせたメロディーで、大阪でのテンションの高さが表れていたように思います。きれいなビブラートが響き、歌い上げた後のフロアからの歓声と拍手、笑顔のメンバーが終わりの時間を飾ってくれました。
本当に楽しい幸せな気持ちになれるライブでした……ワンマンに行くたびにハマっていきます(笑)

摩天楼オペラ 神戸VARIT. 5/14 「PANTHEON TOUR -the first movement-」

約300人キャパの今回の会場、当日券も販売していましたが、入場すると2階部分を含めてほぼ満員状態、1階はサウナ状態でした。
客電が落ちた瞬間から大歓声の神戸、その熱に応えて前半は『PANTHEON』や『BURNING SOUL』、『Psychic Paradise』など攻めたセットリストでどんどん熱くなっていきました。
長袖の衣装で汗だくになりながらもフロアを煽りハイトーンを響かせる苑さんの姿は色気もあってかっこよかったです。
中盤、苑さんが退場し燿さんとJaYさんがセンターで向かい合うと、インストゥルメンタルの『SYMPOSION』。彩雨さんのキーボードが美しく、燿さんのベースは歌うようで印象的でした。
JaYさんのギターについて、私は”音が一音一音はっきり鳴っているギター”という印象を持っていたのですが、今回改めて聴くと、なめらかさや穏やかさを感じるところもあり、こちらの予想を超えて幅広い音色を出す方なのだと思います。
さて再登場した苑さんは、本編半ばなのに衣装を脱いでツアーTシャツでした(笑)。「一人アンコールは初めて!」とご本人も笑っていましたが、それだけステージ上の暑さがすさまじかったようです。
今回のツアーではアルバム「PANTHEON」の曲を中心に、懐かしい曲も披露されているそうですが、神戸で選ばれたのは、まず『アポトーシス』でした。苑さんから曲名が告げられた瞬間、フロアからは悲鳴のような歓声が。
現在の摩天楼オペラで演奏されたこの曲は、伸びやかなボーカルの後ろでギターとベース、ドラムがせめぎ合うように鋭く激しかったです。
本編終盤には、「神戸の皆さんに聴いてほしいと思って選んだ」という『天上への架け橋を』。
マイクを握りしめて精一杯に歌を届けてくれる姿と歌そのものに、気持ちが揺さぶられました。
アンコールでは、「母の日のプレゼントに物販のおまんじゅうをどうぞ」「お母さんに、彩雨さんの次に好き、って言ってね」「よかったら二人で来月の大阪公演に来てください!」という彩雨教授の販促MCをはじめとしたゆるーい雰囲気で始まりましたが、苑さんの「そろそろ歌おうか」の合図で、『MASK』『クロスカウンターを狙え』と再び熱くなる選曲でした。
苑さんも、暑さを吹き飛ばす勢いで煽り、途中「あげろあげろー!」と腕を挙げて応えるよう求めながら、最前列にいた男性の腕をとって持ち上げるシーンもありました。
ラストは摩天楼オペラのセンスが詰まったクリスマスメタル『SHINE ON』で合唱し、ミラーボールがキラキラと光る中、笑顔で終わったライブでした。