サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

摩天楼オペラ 2/25 名古屋ell.FITS ALL 「10th Anniversary PANTHEON TOUR -overture-」

バンド10周年の締めくくりを飾る東名阪ツアー。そして、悠さんのラストツアー。
前日の大阪は都合で遅れて行ったため、ステージもほとんど見えない状態だったので(それでもとても楽しかったです)、名古屋の思い出を残します。
心に残ったシーンや楽しいMCが本当にたくさんあったのですが、今回は”自分にとって最後に見る悠さん”だったことを念頭に置いて書きたいと思います。


わたしにとっては、ステージ上の悠さんを見られる最後の日。
そんな実感もないまま、ソールドアウト・満員状態で開演しました。
メンバー登場時にいつもより悠さんのことを呼んだけれど、力一杯な気迫あるドラミング、他の4人の歌や演奏も同様で、曲中はあまり悠さんのことを意識せず楽しんでいました。全力なメンバーにただただ釘づけ……苑さんの目力が凄かった。ついつい目を奪われて離せない存在感。
メンバーもいつも通り楽しそうに見えて(彩雨さんは真剣な表情をしているシーンが多かったようにも感じましたが)、自分も「BURNING SOUL」で叫んだり「瑠璃色で描く虹」「Adult Chirdlen」で跳ねたりして楽しかったです。
後半、MCで苑さんが悠さんのことに触れました。
「この4人で……この5人で、名古屋に来るのは今日が最後です。今日はもう、俺たちのことはいいです、悠のことをたくさん、呼んでやってください」
「ここ(ステージ上)は異世界だから。普通じゃないんだよ。普通に会社行って仕事してたら、こんなにたくさんの人に名前を呼んでもらえることは無いだろうし。普通じゃないからこそ苦しいんだけど、普通じゃないから楽しい。今日は悠にみんなのデカイ声を届けてください」
もう彼にはその機会が無いから、ということを、言葉を選びながらも精一杯に悠さんへの気持ちを込めて伝えようとする苑さんの姿は、話した言葉は、とても胸に響きました。
苑さんが誰よりも、"悠に良い景色を見せてあげたい"という気持ちが強いことと思います。
勿論わたしもそう思っているし、あの場にいた人のほとんどがそう思っていたでしょう。
苑さんのMCを受けての悠さんコールはめちゃくちゃ大きくて、なかなか止まなくて、もう燿さんと悠さんがびっくりして顔を見合わせて笑っちゃうくらいで、苑さんにも「予想以上です(笑)」と言われてしまい、思い切り悠さんを呼んだ後は笑顔になれました。
こんなに穏やかな雰囲気で、でも率直に、メンバーの脱退について話せるのはこのバンドの素敵なところです。そしてこのMCで、改めて"ああ悠さんはもう最後なんだ"と思ったけれど、曲が始まればやっぱり、しんみりとしてばかりではいられませんでした。
本編の最後「PANTHEON -PART2-」では、『ゴールだと今を決めつけてしまうには あまりに情熱を残してる』で泣きそうでしたが。

アンコールのMCでは、燿さんが悠さん専用(MC用)のマイクをマイクテスト込みで(笑)用意してくれ、悠さんもステージ前方に立って名古屋の思い出を話してくれました。
失敗談やアクシデントばかりが出てきてしまい、燿さんから「もっとハッピーな話はないの?!」とつっこまれたり、食事の話ではJaYさんに飛び火したりと、摩天楼オペラらしい自由で楽しいMCタイムでした。いっぱい笑わせてもらいました。
苑さんがメジャーデビュー時の思い出を話し(特典付きのボックス仕様が嬉しかったそうです)、アンコール一曲目は「もう一人の花嫁」、そして久々の「CAMEL」、最後に「GLORIA」。
「GLORIA」のギターソロ中に、苑さんと燿さんが揃って悠さんに向かってヘドバンしていたのですが、3人で作るトライアングルが、誰にも邪魔できない空間のようで、同じバンドで10年以上の年月を共にすることは、きっとわたしの経験では図り切れないものがあるのだと感じました。

アンコールも終わり、メンバーが退場するときになってようやく、ああわたしはもう悠さんを見られないのか、と思い始めていました。
ダブルアンコールを呼びながら、前日の大阪ではすくに入った終演のアナウンスが無いことに”もしかしたら、もしかしたら”と期待したタイミングで、悠さんが一人で出てきてくれました。
挨拶もそこそこに、悠さんがツーバスを踏み始めてドラムソロへ。
見ながら聴きながら、必死で全身に覚えようとしていました。
途中の、悠さんの「もう次は無いんだぞ!分かってんのか!もっとかかってこい!」には泣けました。
わたしはこの時に、ああもう次は無いんだ、今日が最後なんだと強く思わされて、ようやく、ここで初めて状況をちゃんと理解したのかもしれません。

次は無い。それを分かった状態で見るライブは、わたしにとっては初めてでした。
いろんなバンドのライブに行きますが、偶然にもこれまでその機会が無かったのです。
さみしさがこんなにも後からくるものだとは思っていませんでした。
ライブの最後の曲が「SHINE ON」で、わたしの大好きな曲で、メンバーの笑顔も見られて、楽しく歌えて、でも悠さんは最後で。
楽しいライブだったことは間違いありません。切なかったけれど、楽しい思い出でありたかった。
悠さんのドラムに物足りなさは特段感じられなかった、でも時たま辛そうで。
まじめに努力してきた人が、大好きで頑張っていたはずの人が、それなのに続けられないことを、正直とても悔しいと思うけれど、それはわたしの勝手な気持ちです。
ドラムソロでの「次は無いんだぞ」も、自分自身を奮い立たせてくれていたのかなとも感じて、懸命に演奏してくれたことを愛おしく思います。

悠さん、本当にありがとうございました。
悠さんの人生も、摩天楼オペラも、まだまだ先がある。
悠さんなら、ステージの上じゃなくても異世界じゃなくても、輝けると信じています。

摩天楼オペラ 9/10 長野CLUB JUNK BOX「PANTHEON TOUR -the third movement-」

夏に引き続き、再びPANTHEONで飛び回る初秋のツアー、今回は会場限定販売の新曲もあり、それにも釣られて(笑)のこのこと長野まで出向いてきました。
結果、遠出して良かったなと思える良い夜でした。

日曜日の地方公演だからでしょうか、満員ではありませんでしたが、テンションの高いオペラ―が集い、初っ端から苑さんの煽りに3倍返しくらいで応えるフロア(苑さん「ながのー!!」フロア「フゥー!」苑さん(腕を挙げる)フロア「フゥー!フゥゥー!」と途切れない)。苑さんに「だいぶオカシイね(笑)」と言われましたが、メンバーのテンションも引き上げられるくらいだったのではないでしょうか。
苑さんのステージングは以前より上手へ下手へと動き回り、一つ一つの動きも大きく見せていました。歌うときの表情も豊かで、バラードでは『何十年先も今日みたいに』が演奏されましたが、しっかりと目を開いて”僕らはもう一人じゃないんだ”と歌う姿が優しく力強かったです。彩雨さんとJaYさんが横並びでお互いの楽器を弾き合ったり、燿さんが上手側にお出かけして3人集合したりと楽器隊もますますステージを楽しんでいるようでした。
この日のMCでは、苑さんが決意表明し、「日比谷の野音で見た景色が忘れられない。もう一度、この5人で、あのステージに立ちたい」。「あの時の感動をもう一度」と演奏されたのは『天国の在る場所』。
わたしは、野音のライブはDVDで見たのみですが、この曲をもっと開放的な場所でぜひ聴きたい、のびのびと奏でる姿を見たいと思いました。来年まで発表されている次のツアーも越えて、その先に野音の景色が広がれば良いな、自分がそこに立ち会えたら尚のこと嬉しい。そう思えるのは、メンバーがライブ中でも嬉しい・楽しい気持ちを恐らくためらわずに表してくれるからこそだと思います。
熱い意思がお客さんを欲張りにさせたのか、アンコール後も帰る人がなく、音楽が流れる中で再度のアンコールを求める声が途切れませんでした。
それに応えてメンバーが再登場したダブルアンコールは『honey drop』でしたが、苑さんが歌い始める前に「アンコール本当にありがとう!日比谷で会おう!」と。
MCでは彩雨さんから「善光寺にお参りしなきゃね、いい日程で野音がとれますように、って」といった発言もあり、かなり現実的なレベルで、野音でのライブを見据えているようです。

新曲の『WARRIOR』では戦い続ける意思を歌っていて、体制が変わって1年を経た今、バンドが再び勢いづいていることを象徴しているのかなと思います。
この曲は、高音で讃美歌を想起させるようなコーラス、ハイトーンを強調した力強いサビ、そして各パートが順にメインを担当するボリュームたっぷりの間奏と、摩天楼オペラらしいシンフォニック、メロスピ、ヘヴィメタの要素が詰まっていて、新たな代表曲となりそうです。
また、イントロからギターのリフやソロが重要となる曲構成でもあり、メンバーのJaYさんに対する信頼度の高さが窺えます。
歌詞は熱い意思を感じるものですが、バンドを結成する時の「根拠はないけど本人たちには確かな自信」とは違う、10年続けてきたからこその、達成感も無力感も経験したうえでの根拠を持った自信、そして自分たちの信じる音楽で戦い続けたいという決意が見えるものです。
PANTHEONで掲げたヘヴィーメタルを手に、今の勢いでどこまで突き進むか、とても楽しみにしています。

”根を這わす土地はない この血で咲き誇れよ”
”押さえつけられるのはごめんだ 自由って意味をもう知ってる”
”この夢の代償ならもう払わない すべてを連れて行くんだ 俺たちで”

”決して散ることのない花を咲かせるんだ この血を糧にして”
”俺たちがここで生きた証は永遠に生き続ける”
”掲げるのさ 人や時間に邪魔されない 俺たちの誇りを”
WARRIOR/摩天楼オペラ

GYZE 7/22 大阪 北堀江club vijon「ONE MAN TOUR 2017」

かなり遅くなりましたが…GYZEのJAPAN TOUR大阪公演の感想など。

個人的には、GYZEのライブは対バンとイベントでしか見たことがなく、ワンマンでたっぷり見られることを楽しみにしていました。
フロアも当然ながらGYZEを見に来た方ばかりなのですから、登場時からメンバーを呼ぶ声と歓声が大きく、フロアの熱が、(それまでのペースに比べると)少し久しぶりのライブを始めるメンバーのほうを引っ張っているほどの熱さでした。
GYZEはメタルバンドとしては珍しいスリーピースバンドですが、そうとは思えない音圧を感じられるところが魅力の1つです。
ただ、やはり外せない魅力として美しい旋律のギターソロもあります。速弾きも交えながら、テクニックの披露に終始しない、あくまで曲の一部としての情緒的なギターソロは、Ryojiさんがそれを紡ぐ姿も含めて見応えがあるものです。ボーカルを取り、合間にはフロアを煽りながらも、ギターヒーロー然とした佇まいに惹き込まれました。
一方で、感情の波を表現するようなメリハリ、うねりを演出しているのはリズム隊2人の手腕かと思います。
足元から刺激して揺らすようなベースを弾きつつヘドバンするArutaさん(彼のヘドバンは長髪も綺麗に揺れるV字型でつい目がいきます)と、根幹を崩さずに幅のある音色を明確に叩き出すShujiさんのドラムは安定感もあり、だからこそギターのメロディが映えるのだろうと感じました。
ワンマンライブを見て、それぞれの立ち位置をそんな風に感じ取りました。
スリーピースだからこその的確な音の足し引きが、GYZEらしいドラマ性を生んでいるように思います。

そうしてじっくりと演奏を見ていたい気持ちにもなりましたが、やはりどんどん煽るRyojiさんにつられて、最終的にはWODも起こっていました(笑)。
MCではRyojiさんが「急にわちゃーってなって、近くの人はびっくりした人もいますよね(笑)。(WODをする人は)巻き込んだりケガしないように、充分気をつけてね。信じてるから」といった内容でフォローされましたが、ファンのことを信じているから、皆が楽しめる空間であって欲しい、そういう意思を伝えてくれたメンバーに応えられるライブが続くと良いなと思います。そして自分もそこに貢献できれば良いなと思います。

「海外のメタルフェスでヘッドライナーになる」という夢に向かってまだまだ突き進んでいくGYZE、秋冬にもたくさんライブがあるようなので、また足を運びたいです。