サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

D'ERLANGER 大阪梅田クラブクアトロ 11/12

11/12に梅田クラブクアトロでのD'ERLANGERのツアー大阪公演に行ってきました。
先月の京都公演にも行きましたが、ツアーを重ねてますます無駄のない洗練された、でも感情の乗った、激しさを増した演奏になっていたと思います。個人的には、バラードの演奏中にTetsuさんのドラムをしっかりと見ることが出来たのですが、変化の付け方や強弱の付け方、タイミングがよく分かり、改めてD'ERLANGERの音のカッコ良さは、Tetsuさんのドラムがまさしく基礎になってるんだなと感じました。kyoさんの歌も、ゆったりと声を響かせたり、床に手がつくくらい屈みこんで振り絞るように歌ったりと、パフォーマンスを含めて、いつも心を掴まれます。
会場はメンバー登場時から歓声が物凄く、メンバーを呼ぶ声やkyoさんの煽りに応える声が、演奏に負けないほどでした。kyoさんは「少し前から何回か言ってるんだけど……数年前の大阪は、水族館の魚を鑑賞してるかのように大人しかったけど、今はサファリパークの猛獣のように激しいね(笑)」と、最近の大阪の盛り上がりを喜んでいました(褒められているんだと思います)。
大阪でのライブについて、kyoさんにとってはD'ERLANGERとして初めてライブをした場所とのことで、MCでは「当時からずっと夢や憧れを追い続けている。昨夜もCIPHERと酒というより夢を酌み交わしたけれど、D'ERLANGERで活動していると、夢と憧れと現実が一緒になるような混ざるような時があって、それはロックバンドにとってとても幸せなことだと思う」と話してくれました。
そんな素敵な話もありつつ、会場の盛り上がりには終始笑顔で応えてくれたメンバーでした。フロアに歌うよう促して返ってきた大きな歌声に、満足気な笑顔を見せてくれるkyoさんや、頷くSEELAさんの姿が印象的です。
退場時にはいつもTetsuさんが最後に残ってドラムヘッドを客席に投げ入れますが、大阪ではCIPHERさんも1つ投げ入れ、Tetsuさんから「へたっぴ!」と言われながらも(笑)、最後はハイタッチして2人並んで退場する背中を見ることが出来ました。
メンバー同士の和気あいあいとした姿から、パンキッシュでタイトな演奏、また「LULLABY」「Singe et insecte」などの全員で合唱する曲での楽しさ、そして公演ごとに異なる選曲のオマケ曲として演奏された「INCARNATION OF EROTICISM」では、特にkyoさんのボーカルが、支配感たっぷりのAメロから縋るような歌声に変化するサビまで狂気じみていて、その激しさまで、すべてが違和感なく同居していました。そんなライブが出来るのは各メンバーもバンドも積み重ねてきたものがあるからこそでしょう。
来週は東京でツアーファイナルです。どこまでカッコ良さを高めてくれるのか楽しみです!

acid android STUDIO PARTITA 10/28

10/28に、STUDIO PARTITAでのacid androidのライブへ行ってきました。
この会場では翌日にMERRYのハロウィンライブが開催されましたが、ハロウィンにもぴったりな、独特の雰囲気がある会場です。造船所跡ならではの"廃墟"らしい趣きがあり、PARTITAの手前には門から建物までだだっ広い空間が広がって、エントランスも屋根が組まれているだけです。隣接している建物は工場がほとんど。倉庫の中に突如ステージがあらわれたかのような非日常感を楽しめます。
そんな会場で行われたライブは、前回8月の大阪公演を上回る熱量のある、会場に負けないインパクトを残したものでした。
盛り上がり必至の「Let's Dance」で始まり、1曲目から拳を上げて跳んで応えるフロアに、yukihiroさんのテンションも高まっているのがわかるほどでした。マイクスタンドを掴んで観客を睨むように見据えながら、また目線はそのままに頭を振って、こちらのヘドバンを煽るようにしながら、ほとんど休みなく熱のこもった歌声を聴かせてくれました。
途中、yukihiroさんがフロアに少し身を乗り出す形で前傾姿勢をとって煽り、そのテンションの高さに驚き喜ぶファンの勢いは凄まじく、一気に人が前方へ集中して会場の盛り上がりはますます激しくなり、そのままの勢いで1時間半を走り切ったライブでした。
曲が始まる前にフロアを見据えられれば歓声で応え、曲が始まれば全身で応え、音楽とyukihiroさんの姿に支配された会場は心地良く、存分にacid androidの世界を堪能させてくれました。
今回は、よりビート感を前面に出したアレンジで、会場の無機質な空気と相まってとてもカッコよく、1つの創り上げられた空間でのパフォーマンスとして一場面一場面が印象に残っています。
今年の春から披露されている新曲もあるので、音源として発表されれば……という淡い期待も抱いています(笑)。

lynch.サイン会 京都(タワレコ京都店)10/27

今回も参加してきました、lynch.のレコ発サイン会。
前が少し詰まり気味だったのもあって、話しかけるのはサインを書き終わるの待ってからにしたので、話したのは一言ずつくらいでした。

晁直さん
サインしてもらう歌詞カードを渡す前にもにこにこされてて、笑顔でこんばんはーって、めっちゃ素敵。
私「VJS お疲れ様でした。GLAYさんには会えましたか?」
晁「ああ、GLAYさんはね、ギターのお二人には会えました!」
私「おおっ、すごいですね、また共演楽しみにしてますね!」
晁「はい、ありがとうございます〜」
私「ありがとうございます!」
会った感想を聞く余裕はなかった(笑)

悠介さん
私「アルバムで、お気に入りのギターのフレーズとかありますか?」
悠「アルバムでですか?…んー、EVIDENCEの、イントロのディレイのところ!」
私「あれかっこいいです!ありがとうございます」
質問したときに聞き取りにくかったみたいで、顔傾けて少し乗り出してくださって爆発するかと思いました。

明徳さん
私「お願いします」名前の紙渡したら見ながら丁寧に書いてくれる明徳さん(ただし呼び捨てにされます
私「PRAYERめっちゃ好きです!」
明「ありがとうございます!(めっちゃ笑顔)」
私「これからもライブでいっぱいやってくださいね!ありがとうございました!」
笑顔が素敵すぎて爆発するかと(以下略

玲央さん
私「UNELMAのギターめっちゃ好きです!」
玲「おっ、ありがとうございます」
私「ありがとうございました!」
時間あまりなかったんですが、笑顔を返してくださいました!素敵…

葉月さん
私「今回のアルバム一番好きです!」
葉「ほんとですか!うれしいなぁ」
私「歌詞カードも読んでて楽しいので」
葉「ありがとうございます」
私「ありがとうございました!」
葉月さんも時間切れ。アルバム好きなことは伝えられたからよかったかな?ちゃんと会話をしようとしてくださる所が最高です。

ああ今回も幸せでございました。
ありがとうございましたっ!!