読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセルを踏み込めロングバケーション

ライブの感想メモ。FM802「REDNIQS」に送った赤れぽの置き場となりそうです。

BUCK-TICK 大阪オリックス劇場 11/27

11/27に、オリックス劇場でのBUCK-TICKへ行ってきました。
会場に入るとまずステージ上空のモニュメントが目に入り、不気味に照らされたそれが存在感を放っていました。
オープニングで、そのモニュメントに、歯車と管に覆われながら紅くドクドク動く機械仕掛けの心臓のようなものが映され、後ろのスクリーンと合わせて展開されるストーリーに切ない気持ちになりました。
切ない幕開けでしたが、4〜5曲目には「楽しく踊りましょう」と盛り立てられ、この振り幅や、切ない気持ち、辛い気持ち、楽しい気持ち、愛しい気持ち、狂おしい気持ちすべてを表現して受け止められるのは、キャリアのあるバンドだからこそ出せる包容力だと思います。
アンコールでは、櫻井さんから「2日間ありがとう」という感謝と共に「みなさんの明日が、今日より少しでも良い未来でありますように」との願いを込められての『New World』で終了しました。
魅せられながらも、こちらの気持ちを引きずり出して受け止められるようなステージに、心が洗われた気持ちです。本当に素敵な時間でした。