読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

★★★

ライブの感想メモ。

摩天楼オペラ 大阪MUSE 12/4

12/4に、大阪MUSEで行われた摩天楼オペラの「PHOENIX RISING」ツアー大阪公演へ行ってきました。
ソールドアウトで満員のMUSEはメンバー登場前から歓声が止まず、ツアーのセミファイナルに相応しいライブでした。
秋から新体制となっている摩天楼オペラですが、セットリストは新旧織り交ぜたもので、今のバンドでの演奏を楽しむことができました。個人的には、より躍動的で猛々しくなったように感じました。
そんなステージに引っ張られたのか、相乗効果なのか、フロアの歓声は曲の合間も止まず、苑さんが「たっぷり取ってた水分も出し切ってカラカラだよ」というほどの熱気でした。
それでも苑さんの歌声はしっかりと伸びて響いて、拳を突き上げ頭を振りながら歌っても、バラードでゆったりとマイクスタンドに身を寄せながら歌っても、色気もあって本当に素敵でした。
また途中、彩雨さんがセンターに出て来て弾いていたところへ、苑さんが肩を組んでマイクを向けた場面では、彩雨さんがそのマイクを奪う勢いで掴み、コーラスというより全力で歌う自由さでした。思わず笑いましたが、ライブが更に盛り上がったのは言うまでもありません。
今回はサポートとしてJaYさんがギターを弾いていますが、メンバーとアイコンタクトを取って笑い合ったり、向かい合ったりしていた場面も多く、ステージ上の雰囲気がとても良かったです。アンコールで苑さんから「明後日が誕生日」と紹介されるも、名前を「ジョイ」と呼ばれて、すかさず「ジェイや!」とつっこんでいました(笑)。すっかりチームの一員となられている様子が微笑ましく喜ばしかったです。
MCでは、苑さんから「来年からは、関西も関東と同じような扱いにします」「たくさん来ます!」という宣言がありました。今回のツアーでも初日が京都、セミファイナルが大阪と関西贔屓な面がありましたが、来年以降のツアーも益々期待出来そうです。
改めて、今の摩天楼オペラを、素直に「応援していきたい」と思えましたし、PHOENIX RISINGというツアータイトルに合った、勢いのある再スタートを感じさせるライブだったと思います。来年の活動も楽しみです!

<追記>
アンコールでは、最初に登場した耀さんの姿が見えているのに、照明が点かずきょろきょろしていたり、江坂MUSEでのライブの際、間違えて一人大阪MUSEに来てしまい、電車で向かったことをバラされたりした可愛い耀さんでした。
耀さん「大阪はデスボイスが多い!」からの、デスボイス/ハイトーン/黄色い声でのメンバーコール合戦もありました。
(耀さんにデスボ、悠さんにハイトーン、彩雨さんに黄色い声でした・笑)