読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アクセルを踏み込めロングバケーション

ライブの感想メモ。FM802「REDNIQS」に送った赤れぽの置き場となりそうです。

MERRY HOLIDAY OSAKA 2/4 MANY MERRY-HOLIC&2/5 RAINY MERRY-HOLIC

2月4日から5日にかけてのMERRY大阪公演に行ってきました。初日夜のライブと、2日目夕方のフリーライブに参加してきたので、合わせて書きます。

初日も新譜『傘と雨』に絡めた企画、”雨が降ったらフリーライブ”の予定だったのですが、残念ながら晴れたため夜だけが予定どおり開催されました。
個人的には昨年夏ぶりのMERRYライブでしたが、ステージの机を見た瞬間、ああMERRYのライブだなと実感しました(笑)。
ですが、今回は『傘と雨』に収録されている「Zombie Paradise ~地獄 DISCO mix~」がSEに採用されていて、珍しくダンサブルな幕開け。
そのまま「Zombie Paradise」を一曲目に、「sweet powder」や「T.O.P.」からの「絶望」など、かなり攻めた激しいセットリストでした。
バラードよりもフロアの反応を求める暴れ曲が大半で、「[human farm]」ではサビでフロアが照らされ、私はその演出に掻き立てられてモッシュに飛び込みましたが、こちらを照らす=暴れなさいという意味だと思うのは私だけでしょうか(そんなことないはず!笑)。
一方で、バラードでは歌詞を全身で伝えるガラさんの動きにも魅せられました。手持ちのライトやハット、口紅といった小道具を使って演出したり、ステップを踏み腕を伸ばして、歌の世界の主役を演じるような姿は、せつない歌声と合わせて強く印象に残ります。
MCでガラさん自身が「ライブは『楽しい』ことは大前提で、それだけでなく、もっと、『あの歌よかったよね』とか『あの演奏よかったよね』とか、そういう感想を、ライブが終わってからも言い合ってもらえるような、心に残るライブがしたい」と言っていましたが、MERRYのライブはそれを実現していっていると思います。

さて初日の余韻を残したまま、2日目は朝から雨模様で、フリーライブ開催がお昼頃に発表されました。当日は難波でサイン会があり、その場で結生さんが「企画倒れにならず、ほっとしています」とコメントしていましたが、本当に無事、雨が降ってよかったです。。。
フリーライブはアコースティックスタイルで始まり、新曲の「傘と雨」をアコースティックで披露した以外にも、「ザァーザァー」や「さよなら雨」など雨にまつわる曲が続き、しっとりとした雰囲気になっていました。
4曲ほど演奏した後は、ネロさんがドラム台に座り、一転して激しい曲へ。「不均衡キネマ」から4曲ほどを続け、再び「傘と雨」を演奏して、一時間ほどでしたが、満足感たっぷりのライブでした。

4日のライブでも5日のフリーライブでも、たびたび「5月5日の野音」のことを口にしていたメンバーでしたが、このツアーでの勢いを持って、雨でも晴れでも素晴らしいステージにしてくれるのではないかと期待します。野音に向けてMERRY中毒者を増やすのが目的というこのツアー、私に関して言えば大成功です。野音まで行くつもりは全くなかったのですが、行きたい気持ちが高まった2日間でした。心に残る楽しい2日間でした。