サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

摩天楼オペラ 6/15 OSAKA MUSE「PANTHEON TOUR -the first movement-」

摩天楼オペラにとってはおなじみ(らしい)OSAKA MUSE
平日にも関わらず、ソールドアウトがかなり近かったのではないかというくらいの人の入りでした。
とは言え、正方形でステージもやや高く見やすいのがMUSEの良いところです。シモテ側後方から見ましたが、メンバーそれぞれの顔も良く見えました。
この日は全員リラックスしてテンションも高く楽しんでいたようす。苑さんは、燿さんの肩を持ったり、JaYさんにマイクを向けたりいつも以上にテンション高く暴れていて、なんだか微笑ましいくらいでした。
前半にはBURNING SOUL→RUSH!→Psychic Paradiseという定番曲でたたみかけ、ICARUSでJaYさんの進化した鋼鉄メロディアスなギターソロと、ボーカル・キーボードの美メロパートを披露して、楽器隊セッションへ。セッションでJaYさんがセンターで堂々と弾く姿は印象的でした。ベースメインのパートでは燿さんがセンターに移動、そこから2人並んで弾く光景も、すっかり馴染んできたように思います。
後半にはSHINE ONでの合唱や、「このツアーではJaYさんの頭がパンパンになるくらい色んな曲をやってます」という紹介からマグノリアCocoonも演奏されました。改めて2曲とも心に残るメロディーと歌詞を持った力強い曲だなと感じました。Cocoonでも最後のサビでは大合唱となり、苑さんもマイクを離して一緒に噛みしめるように歌っていて、こちらも幸せな気持ちでした。
「スタッフさんに衣装暑くないですかって心配されて、プロ意識で頑張りますって言ったけど2曲目には脱ぎたい(笑)」と言う苑さん、後半はほぼタンクトップでしたが(笑)、本編ラストのPHOENIXでも、全力の歌声で本当にかっこよかったです。
アンコールでは、彩雨さんによる今年はまだまだ未発表分も含めてたくさん大阪にきますからね、という話から、大阪と言えばたこ焼き、「たこ焼き食べたっていろんなバンドが話すと思うけど食べたら言いたくなるんだよ(苑さん)」やら、デイジーの夕霧さんがたこ焼き煽りをしてたやらJaYさんは某たこ焼き店でバイトしてたやら……燿さんのギックリ腰疑惑などもあり、相変わらず自由な時間に、さらにツッコミ代わりにドラムを鳴らす悠さんのタイミングも絶妙で、いいチームだとしみじみ思ってしまいます(笑)
ゆるゆるMCの後はアンコール1曲目にYOU&I。フロアのジャンプを煽る苑さんも跳ねながら歌い、本編途中のMCで「暴れてもじっくり聴いても自由に楽しんで欲しいけど、ただ、オレは煽る!!(笑)」と宣言されたとおりの煽りっぷり、残りの時間を惜しむような盛り上がりで気持ち良かったです。ANOMIEでもうひと暴れしてから、この日のラストは喝采と激情のグロリア。ペンライトと合唱が何度体感しても感動的ですが、最後の苑さんのアカペラが、この日は特に素晴らしかったです。いつもと少し違うアレンジを効かせたメロディーで、大阪でのテンションの高さが表れていたように思います。きれいなビブラートが響き、歌い上げた後のフロアからの歓声と拍手、笑顔のメンバーが終わりの時間を飾ってくれました。
本当に楽しい幸せな気持ちになれるライブでした……ワンマンに行くたびにハマっていきます(笑)