サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

D'ERLANGER 6/18 NAGOYA CLUB QUATTRO「J'aime La Vie TOUR 2017」

D'ERLANGERの2daysツアー後半戦、名古屋2日目に行ってきました。(まだ前半な大阪にも行ったのですが書き損ねましたね……)
名古屋はいつも盛り上がると聞くので「ぜひ一度行ってみたい!」と前から思っていて、今回日程が合い、ようやく参加できました。

そんな名古屋ではまさかのとても有難い場所で拝ませていただいたのですが、それでも会場全体が盛り上がっていることを感じられるほどのアツいライブでした。
自分もその盛り上がりに一役買えていたとしたら嬉しいなと思いつつ、幸せすぎて飛びかけの記憶をたどっています。

このツアーは、1日目にはこれまでの名曲を中心にD'ERLANGERの現役っぷりを見せつける:2日目には新譜「J'aime La Vie」の楽曲をメインに色気たっぷりに展開するという構成です。
6/18は7回目の2日目ということで、ライブ仕様が仕上がってきた「J'aime La Vie」を楽しむことができました。
序盤はアルバム同様のオープニングながら、いきなりの爆発力がテンションを上げてくれます。大歓声に笑顔で歌って応えてくれるkyoさん、途中のMCでも「そのみんなの声をずっと聞いていたくなるね」と喜んでいました。
「J'aime La Vie」楽曲に挟まれる曲のチョイスも、アルバムの世界観を拡げるような曲たちが配置され、より深くD'ERLANGERの世界に浸れる構成です。
『MY BLOODY~』では頭を左右に振ったり、『Dance with me』ではニヤリと顎を上げて微笑んだりするところは相変わらずキマってましたが、「J'aime La Vie」の曲でも軽く手を挙げてフロアを煽ったり、ステップしたりワイドパンツの裾を上げたりと、kyoさんらしい仕草がどんどん見られるようになってきたと思います。
個人的には、『Everlasting Rose』から『沈む』の流れがとても好きで、そして2曲とも予想以上にライブ映えする曲であることに驚いています。生で聴いたらかっこいいだろうと思ってはいたものの、実際に目にすると全員が放つ色気と緊張感、かたまって迫ってくるような激情の現れかたに痺れます。
『Everlasting~』は後半にかけての盛り上がりが肝だと思いますが、あの高揚感を色気たっぷりに表現できるバンドは他にないと思わされました。
そしてアルバムと同じく本編ラストに『沈む』。ライブではドラムとシャウトの掛け合いが際立って、よりパンキッシュに感じました。それでも失われない切なさとヒリヒリした緊張感。ライブでより魅力的になる曲であり、D'ERLANGERのカッコ良さを存分に引き出す曲です。
圧倒されて終わった本編から変わって、アンコールではまず飛んで跳ねて合唱する『CRAZY4YOU』。kyoさんの表情も、本編よりリラックスして楽しさが全面に出ているようでした。そのまま、すっかりファンにも定着してきた『バライロノセカイ』で「ダーーリン!」と叫び、これがラスト、と思いきや期待に応えて(?)おかわりの曲がありました。名古屋2日目は『EVERYTHING IS NOTHING』です。この日のノリを受けての選曲なのでしょうか、声を出して暴れて終わることができ、腕やら頭やらを振って楽しんだ自分としては、とても嬉しい選曲でした。
このおかわり曲に入る前、kyoさんもやる気満々でスタンバイしていたように見えて、また歌い出しでファンの反応を見て嬉しそうに笑っていた表情が、なんだか強く印象に残っています。その日を象徴する笑顔だったのかもしれません。
振り返って思い出しても、楽しかった・かっこよかった・幸せ、が溢れ出してきます(笑)。
最新が最高なD'ERLANGER、残りの公演もどうなっていくのか楽しみです!