サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

GYZE 7/22 大阪 北堀江club vijon「ONE MAN TOUR 2017」

かなり遅くなりましたが…GYZEのJAPAN TOUR大阪公演の感想など。

個人的には、GYZEのライブは対バンとイベントでしか見たことがなく、ワンマンでたっぷり見られることを楽しみにしていました。
フロアも当然ながらGYZEを見に来た方ばかりなのですから、登場時からメンバーを呼ぶ声と歓声が大きく、フロアの熱が、(それまでのペースに比べると)少し久しぶりのライブを始めるメンバーのほうを引っ張っているほどの熱さでした。
GYZEはメタルバンドとしては珍しいスリーピースバンドですが、そうとは思えない音圧を感じられるところが魅力の1つです。
ただ、やはり外せない魅力として美しい旋律のギターソロもあります。速弾きも交えながら、テクニックの披露に終始しない、あくまで曲の一部としての情緒的なギターソロは、Ryojiさんがそれを紡ぐ姿も含めて見応えがあるものです。ボーカルを取り、合間にはフロアを煽りながらも、ギターヒーロー然とした佇まいに惹き込まれました。
一方で、感情の波を表現するようなメリハリ、うねりを演出しているのはリズム隊2人の手腕かと思います。
足元から刺激して揺らすようなベースを弾きつつヘドバンするArutaさん(彼のヘドバンは長髪も綺麗に揺れるV字型でつい目がいきます)と、根幹を崩さずに幅のある音色を明確に叩き出すShujiさんのドラムは安定感もあり、だからこそギターのメロディが映えるのだろうと感じました。
ワンマンライブを見て、それぞれの立ち位置をそんな風に感じ取りました。
スリーピースだからこその的確な音の足し引きが、GYZEらしいドラマ性を生んでいるように思います。

そうしてじっくりと演奏を見ていたい気持ちにもなりましたが、やはりどんどん煽るRyojiさんにつられて、最終的にはWODも起こっていました(笑)。
MCではRyojiさんが「急にわちゃーってなって、近くの人はびっくりした人もいますよね(笑)。(WODをする人は)巻き込んだりケガしないように、充分気をつけてね。信じてるから」といった内容でフォローされましたが、ファンのことを信じているから、皆が楽しめる空間であって欲しい、そういう意思を伝えてくれたメンバーに応えられるライブが続くと良いなと思います。そして自分もそこに貢献できれば良いなと思います。

「海外のメタルフェスでヘッドライナーになる」という夢に向かってまだまだ突き進んでいくGYZE、秋冬にもたくさんライブがあるようなので、また足を運びたいです。