サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

摩天楼オペラ 9/10 長野CLUB JUNK BOX「PANTHEON TOUR -the third movement-」

夏に引き続き、再びPANTHEONで飛び回る初秋のツアー、今回は会場限定販売の新曲もあり、それにも釣られて(笑)のこのこと長野まで出向いてきました。
結果、遠出して良かったなと思える良い夜でした。

日曜日の地方公演だからでしょうか、満員ではありませんでしたが、テンションの高いオペラ―が集い、初っ端から苑さんの煽りに3倍返しくらいで応えるフロア(苑さん「ながのー!!」フロア「フゥー!」苑さん(腕を挙げる)フロア「フゥー!フゥゥー!」と途切れない)。苑さんに「だいぶオカシイね(笑)」と言われましたが、メンバーのテンションも引き上げられるくらいだったのではないでしょうか。
苑さんのステージングは以前より上手へ下手へと動き回り、一つ一つの動きも大きく見せていました。歌うときの表情も豊かで、バラードでは『何十年先も今日みたいに』が演奏されましたが、しっかりと目を開いて”僕らはもう一人じゃないんだ”と歌う姿が優しく力強かったです。彩雨さんとJaYさんが横並びでお互いの楽器を弾き合ったり、燿さんが上手側にお出かけして3人集合したりと楽器隊もますますステージを楽しんでいるようでした。
この日のMCでは、苑さんが決意表明し、「日比谷の野音で見た景色が忘れられない。もう一度、この5人で、あのステージに立ちたい」。「あの時の感動をもう一度」と演奏されたのは『天国の在る場所』。
わたしは、野音のライブはDVDで見たのみですが、この曲をもっと開放的な場所でぜひ聴きたい、のびのびと奏でる姿を見たいと思いました。来年まで発表されている次のツアーも越えて、その先に野音の景色が広がれば良いな、自分がそこに立ち会えたら尚のこと嬉しい。そう思えるのは、メンバーがライブ中でも嬉しい・楽しい気持ちを恐らくためらわずに表してくれるからこそだと思います。
熱い意思がお客さんを欲張りにさせたのか、アンコール後も帰る人がなく、音楽が流れる中で再度のアンコールを求める声が途切れませんでした。
それに応えてメンバーが再登場したダブルアンコールは『honey drop』でしたが、苑さんが歌い始める前に「アンコール本当にありがとう!日比谷で会おう!」と。
MCでは彩雨さんから「善光寺にお参りしなきゃね、いい日程で野音がとれますように、って」といった発言もあり、かなり現実的なレベルで、野音でのライブを見据えているようです。

新曲の『WARRIOR』では戦い続ける意思を歌っていて、体制が変わって1年を経た今、バンドが再び勢いづいていることを象徴しているのかなと思います。
この曲は、高音で讃美歌を想起させるようなコーラス、ハイトーンを強調した力強いサビ、そして各パートが順にメインを担当するボリュームたっぷりの間奏と、摩天楼オペラらしいシンフォニック、メロスピ、ヘヴィメタの要素が詰まっていて、新たな代表曲となりそうです。
また、イントロからギターのリフやソロが重要となる曲構成でもあり、メンバーのJaYさんに対する信頼度の高さが窺えます。
歌詞は熱い意思を感じるものですが、バンドを結成する時の「根拠はないけど本人たちには確かな自信」とは違う、10年続けてきたからこその、達成感も無力感も経験したうえでの根拠を持った自信、そして自分たちの信じる音楽で戦い続けたいという決意が見えるものです。
PANTHEONで掲げたヘヴィーメタルを手に、今の勢いでどこまで突き進むか、とても楽しみにしています。

”根を這わす土地はない この血で咲き誇れよ”
”押さえつけられるのはごめんだ 自由って意味をもう知ってる”
”この夢の代償ならもう払わない すべてを連れて行くんだ 俺たちで”

”決して散ることのない花を咲かせるんだ この血を糧にして”
”俺たちがここで生きた証は永遠に生き続ける”
”掲げるのさ 人や時間に邪魔されない 俺たちの誇りを”
WARRIOR/摩天楼オペラ