サラマンダーソロ

ライブの感想メモ。

lynch. 13thアルバム「Xlll」感想

ライブの感想ではありませんが、新譜一曲ずつについて現時点での印象や個人的な聴きどころを書き留めたく、こちらに。たいしてまともな文章にはならなさそうですが……。
ちなみに発売日から聴き始めて3日目くらいです。特典の曲解説とかBlu-rayとかは未視聴の段階です。MASSIVEも未読です。
これ書いたら聞きます見ます読みます。

まず全体として。
これまでのアルバムと比べて、全体を通しての統一感が強いと感じています。
激しい曲も、バラードに含まれるような曲もありますが、どの曲もずっとスモークが焚かれた先に見えているような、靄に包まれているような、そんなイメージです。
これは(詳しくないので想像ですけど)、アレンジはもちろん影響してると思いますが、ミックスとかマスタリングによるものでもあるのかなと……Яyoさん澁澤さん安定ですありがとうございます。
一枚で一曲!みたいなアルバムは大好物なので、この統一感はとても良いです。

そいではだらだらと一曲ずつ書きます。

INTRODUCTION
深淵の扉が開くよう……期待を煽られます。ライブのオープニングを想像して興奮。

THIRTEEN
とにかくSEに続くオープニングナンバーとして最高、イントロがアルバムを象徴するようで良いです。サビのメロディーは葉月さんらしいなという印象ですが、イントロのストレートなシャウトと煌びやかなギターの混ざり合いが素晴らしいです。
1Aからベースの展開にもだえました。押し引きが上手な方になられましたね。。。
サビのコーラス「ウォーオーオー」の響き方が好きです。残響が気持ちいい。

GROTESQUE
先行配信でめっちゃ聴いたので……聴いてるうちに頭から離れなくなる曲。
ギターリフがカッコいい。ギターソロ前のアレンジ、リフとの連続性が高いギターソロも良い。ツインギターの掛け合いも楽しい曲です。
歌詞すごいです。「ワレメ」とかももちろんすごいんですが、「愛してよ ビューティフルな僕を」ですよ。ビューティフルな僕。歌詞カタカナなのに歌い方は「ビューティホゥ」なのもわりと好きだったりします。

EXIST
頭からキター!!ってテンション上がるやつ。ドラム「ドン ドン ドン」→「レッツ ゴー!」が気持ちいい。『GROTESQUE』までの流れから一段切り替えて開放されるよう。
サビでベースは重くなりギターは水面をなでるようになり、激しい曲ですが美しいです。
今作は全体的にそうですが、演奏がタイトで良いです。「混ざり合ういのちが~」のところなんか特に。
0:48のベースはたまりませんねー。ライブだとここは明徳さんガン見しちゃいそうです。
「ふぁっきゅー」が「さっきゅー」に聞こえるときがあるんですが、これはたぶん空耳アワーですかね。

JØKER
こちらも先行配信で聴きまくっていたのですが、アルバムの中で聴くと、むしろこの曲はアルバム内では少し異色な感じを受けます。浮いてるというほどではないですが。
曲の展開がまさにサーカスみたいに次々とカーテンが開いて新しいものを見せられているようで楽しいです。
まくるような終盤のテンポが盛り上がります。あとやっぱりベース。あの低音で音がはっきり聞こえるのはなんだか嬉しいですね。

RENATUS
とにかくサビ直前「心軋む 痛み」「心軋む 光」のところが最高です。なんとなく流して聴いてるときでも、ここにくるたびにテンション上がります。
サビは美メロの裏でギョイギョイいってるギターが良いです、きれいなメロディーの中でぐじゅぐじゅしている感じ。ギターソロも本当に美しいです。
ライブの照明がどうなるか、とても楽しみにしています。良いものを見られそうで……にやにや

AMBLE
これはもう冒頭から、ベースー!!ってなりました(またか)
バラードでのリズム隊の良さよ……。2A「記憶のない」でパシッと止まるのたまらんくないすか。ドラムのシンバルの加減が神じゃないですか。サビ、歌メロは音数少ないのにベースめっちゃ動いてるの最高じゃないですか。これがメンバーにアレンジ丸投げした曲だというのが最高ですよ。
ボーカルは「奇跡よ」の「きーせきー よ」の歌い方、切り方、「よ」の言い方にカリスマ出してきたかなと思いました。
あとキーボードかな?の音が綺麗。

SENSE OF EMPTINESS
まずタイトルが良いんです。タイトルだけで好き。
サビ、ギターソロがツボで悠介さん曲では一番好きかもしれません。サビの切ないメロディとかき鳴らす系ギターがわたしのツボをぐりぐりしてきます。
ソロ明けのディレイなど、らしさもたっぷりあって、それでありながらこれまでと違うようにも感じられるアレンジで、今後も長く演奏してくれたら嬉しいです。

FIVE
バンド感盛り盛り、最高。ドラムがめっちゃ良いし、ベースの入り方も絶妙だし、ベースの次にボーカルきた時点でテンションが振り切れちゃう。ギターもカッティングが力強くてカッコいい。
何回聴いてもお気に入りから外れません。ライブの前に聴きすぎて飽きないか不安なレベル。
全パートがマッスルな感じですがちゃんとまとまってます。全力でぶつけ合ってカッコよくまとまるこの感じは、かつてのlynch.が理想としてきたものなのでは?とか思うと泣きそうです。
2Aのギター、こういうの、もうとっても好きです。シュイーーンてやつ。ギターソロも上昇系で好み。
歌詞がシンプルでサビの歌メロも変にひねってないのがむしろ気持ち良い。

INTERLUDE
『FIVE』のあとにこれが入っているのは良いですね。針の音、フェードインする叫び声。このフェードイン、葉月さんのおっしゃる通り本当に力作かと。
ライブでも使ってくれますか? (今朝の葉月さんのツイッター質問コーナーで尋ねたところ、「考え中」だそうですが)ぜひ聴きたいです。ステージにはスモークたっぷりで(笑)

FAITH
アレンジも構成も正統派だと感じました。ダーティーな感じを失わずに激しい、「皮膚も 痛みも 消えて」のところがめっちゃ好きです。
歌詞カードを見て、また徹底してザ・ヴィジュアル系になっているなあと。
ライブだとまた少し印象が変わりそうで楽しみ。

OBVIOUS
個人的にはとにかくイントロとメロが好きな曲。イントロから続くドラムがとっても良いです。
「狂い乱れよ完全なる美麗」後のギターが好きです。あとサビの直前。サビでの転調ありきな曲でもありますが。ラスサビのギターの入り方は好きです。
これもライブが楽しみな曲。

A FOOL
悠介さん歌詞ええやん……。
葉月さんのボーカルが巧みです。これを違和感なく、言葉が伝わるように歌うのは難しいのではないかなと思う。
層が重なっているように音がたくさん耳に入ってきて、沈むような浮くような感覚になります。
最初の「流星の〜」の前のドラムもたまらんポイントです。
リピートで聴くと、『INTRODUCTION』への繋がりが完璧です。

そんなところで。ライブ行く回数増やすか悩んでます。。。